長野選手の粋な計らい

昨日の中日戦で、古巣ジャイアンツで今季限りで引退を表明した阿部選手の「セプテンバー」を自身の登場曲に設定した。アニキ分だった阿部選手に敬意を評してのことだ。そういった常に紳士な長野選手を、巨人の選手でなくなった今でも応援したい気持ちは変わらない。 週刊ベースボール増刊 読売ジャイアンツ セ・リーグ優勝記念号 2019年 10/26号 …

続きを読むread more

読売ジャイアンツ 巨人 おすすめギフト

ジャイアンツは優勝直前。。ジャイアンツファンの方にギフトを贈りませんか??いつもそばにいる大切な人が、ジャイアンツファンだったら絶対に喜んでくれるギフトを紹介します!! 読売ジャイアンツ・牛革キーホルダー(名入れなし)【読売ジャイアンツ公認グッズ】ギフト プレゼント 誕生日 巨人グッズ レザー楽天で購入読売ジャイアンツ公認ギフトジャイ…

続きを読むread more

読売ジャイアンツハイライト!!

読売ジャイアンツの試合情報をハイライト形式で配信!!チームの情報や選手の情報も盛り沢山!!試合を見れなかった人必見です!!試合を見た人ももう一度熱くなりましょう!! 読売ジャイアンツ情報誌〜ハイライトより流れがわかるブログ〜

続きを読むread more

ゲレーロ選手気迫の一発

今日の阪神戦はゲレーロ選手の値千金の逆転2ランが決勝点でジャイアンツが勝利。今日のホームランは、チームとしても本人としても大きな価値のある一発だった。最近結果が出ていなかったゲレーロ選手。相当プレッシャーを感じていたはず。その中で回ってきた敗戦ムードの中での打席。相当気合いを入れて打席に入ったのがわかった。集中力が最大限の中で放った一発…

続きを読むread more

ブルペンデーに出た原監督の凄さ

9月14日の広島戦はブルペンデーで挑んだ。先発の澤村選手は、3回までノーヒットピッチングの好投。しかし裏の攻撃で代打を出され、会場は騒然とした。ノーヒットの好投を見せた澤村選手を続投する選択肢もあったはずだ。ましてや、先発の経験も豊富な選手。続投させるのも当然である。それにもかかわらず代打を出した原監督の徹底ぶりというのは見事。短いイニ…

続きを読むread more

阿部選手の活躍光る。

今日の広島戦は、阿部選手の活躍が光りました。要所でのタイムリー10球粘っての四球。しかもホームラン性の当たりがビデオ判定でファールになった打席。普通は集中力がきれるところですが、しっかりとボールを見極めました。2ストライクから投じた決め球の変化球を、腰を残して軽打でのタイムリー。相手に与えるダメージはただならぬものだったでしょう。終盤広…

続きを読むread more

丸選手フォームに変化。打撃好調の要因

 丸選手のバッティングフォームに少し変化があった。ボールが当たった瞬間から、腰を逆回転させるツイスト打法を取り入れていた。この打ち方は阿部選手が取り入れていたフォームで体の開きを防ぐ目的で意識的に行っていた。最近の丸選手は腰の開きが早く、外角のボールが届かないシーンをよくあった。インコースに来ても体の開きが早いためポイントにズレが生じ打…

続きを読むread more

巨人首位を維持している要因は何か

今のジャイアンツは限りなく先発投手がいない。中4日で回さなければ人が足らないほど枯渇している。今村、メルセデス、菅野の3選手が2軍落ちが原因だ。しかし、チームは首位を保っている。打線は、強力といえども今は言うほど活発ではない。西武のような1〜9番までどこからでも点が入るような打線でもない。ならばなぜ、巨人は首位なのか。それは鉄壁の中継ぎ…

続きを読むread more